五段デッキ_回想【トーナメント/ウィズ】

しばらくの間、タイトル語尾に「_回想」と付けて、過去に私がトーナメント(魔道杯)
で使っていたデッキについて書いていきたいと思います。

※ブログを書くにあたって、シミュレーションのサイトでも一応検証しました。
なので今も使えるハズです^^;
では今回は五段についてヽ(・ω・)ノ
(左から)
プラーミャ
コフィ
白猫の仲間たち
フレデリカ
メル&マナ
パネル事故に遭わなければ5ターン抜け可能です。
ポイントは、ボス戦時に「水の全体攻撃」と「3色変換」を使うことです。
まず道中は、火属性4人に頑張ってもらいます。
そしてボス戦では、次のように攻撃をしていきます。
①水の全体攻撃(メルマナ)
②三色変換(プラーミャor白猫)
③メルマナは水に、残りは雷にタゲして攻撃
これでボス戦も1ターンで大体クリアできました。


五段って、やっぱり一番印象深いんですよね…。

まず、初めて「敵の属性」「ターン数」というものを意識せざるをえなくなった場所だったと思います。

そして慣れないデッキ構築で悪戦苦闘し、結果長らく滞在してしまった場所でもあります。
まさに魔境。

(四段までは、ぶっちゃけ全体攻撃スキルの連発だけでも結構クリアできちゃいましたからね ^^;)

それから、上位安定が5ターンというのも大きな壁でしたよね。

…何やら思春期の思ひ出を書いているかのような文になってきてしまいましたかね Σ(´д` ;

気を取り直して。
せっかくブログも始めたわけだし、思い出せる範囲で過去のデッキを書いていけたら良いなと思ってます。

ページ上部に、リンク(タグ)も作っちゃったしね( ; ´ ▽ ` )ガンバリマス